忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通年


アフィリエイトブログを運営する時は、流行関係ない商品がコンテンツを作成します。テレビなどで、ダイエットにはこの食材が効く!!!というのは避けた方がいいということです。今までもバナナ、スキムミルク、寒天(ゼラチン)、納豆など、ダイエットに効果的な食品がテレビで紹介されるたび、店頭からその食品が消え、入荷未定になるということが何度もありました。店頭でもその食品は完売ですが、ネット上でも完売なのです。人間の心理というのものはおもしろいもので、ないとなるとどうしても手に入れたくなるようで^^;。色々なお店をハシゴしたり、どんなに高くても買うとか、いつもは取らないような行動を取ります。それを狙うというのもアリです。ですが、その場合はアフィリエイトブログをその商品ごとに作って運営しなくてはなりません。もし、複数のブログ運営が苦痛でなければそのやり方でもいいとお見ます^^。しかし副業でアフィリエイトをするのであればちょっと不可能だと思います・・・。

ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク

退行催眠で過去の情報を引き出すサービスサイト
退行催眠

安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
PR

選定


アフィリエイトリンクを貼る際、どのように選んでいるのでしょうか。最初のうちは自分が食べておいしかったもの、使ってよかったものなどのアフィリエイトリンクを探して貼っていくと思います。ですがそのうちネタも尽きてきます。そのネタが尽きた後のアフィリエイトリンクを貼る商品の選別が大切になってきます。売れなそうな商品のアフィリエイトリンクをブログに貼っていてもいつまでも売れることはありません。ブログを一つしか運営したくないというのであれば仕方がありiPadm千が、メインブログの他に、もう一つ、アフィリエイト用のブログを運営すればいいのです。メインブログには日々あったことなど、今まで通り更新すればいいのですが、もう一つのブログは一つの商品に特化したアフィリエイトブログにします。それも季節、流行に関係のない通年売れる商品のアフィリエイトブログを作ることをオススメします^^。流行の商品でアフィリエイトブログを作ると、流行が終わった時大変です。

池袋店HP、カウンセリングサービス
池袋カウンセリング

被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO

副収入③


副収入を得るために、本来の仕事の他にバイトを始めたとします。バイトできる時間があれば問題ないのですが、本来の仕事が忙しくなってくると、バイトで稼ぐことは不可能になり、副収入は0円になってしまいます。こんな時、アフィリエイトで少しでもいいから稼げていれば、少しでも足しになりますし、副収入0円よりは数百円~数千円でもあった方が気持ちも楽になります^^。その数百円~数千円はなにか物を買う時、とてもありがたいのです。本来の仕事をして、クタクタなのに夜バイトをする。アフィリエイトであれば、本来の仕事をしている間でもアフィリエイト収入がある。この差は大きいです。寝ている間でも、うまくアフィリエイトを活用すれば少しでも足しにできるのです^^。アフィリエイトは稼げるまでに時間がかかるからバイトした方が手っ取り早いという人はいるかもしれません。ですが、バイトできる人は限られています。バイトできる時間も、仕事をしていれば限られます・・・。

「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
画像リンクを増やす
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力