忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソーハラ


ソーハラ・・・。ニュースの記事タイトルを見た瞬間、もしやSNS・・・?と思ったら案の定^^;新たな職場トラブル「ソーシャルメディア・ハラスメント」。フェイスブックで上司から友達申請され、とりあえず友達にはなったけれども、いいね!をしないと、なんでいいね!してくれないんだよとか、メールや電話で繰り返しコメントを求められるのだそうです・・・^^;。いやだーーーっ(笑)。勤務時間外なのに気を使いたくないという若者が増えているようです。なんとか回避する方法ないのですかね?・ありそうなのもですけれども・・・。メールアドレスをパソコンのメールアドレスで登録すれば、もし上司とケータイのアドレス交換をしていても、フェイスブックしていることがばれなくていいのではないかと単純に思ってしまいますが、そうもいかないか^^;。スマートフォンの普及によってパソコンを持たない若者が増えているようなので、そう簡単にはいかないか・・・。

天下一品(ラーメン)のメニュー情報ページ
天下 一品メニュー

本当の自分とは?悟りブログ
悟り
悟り を 開く
真 我
本当 の 自分
ニサルガダッタ ・ マハラジ
ラマナ ・ マハルシ
フーマン
エックハルト ・ トール
ガンガジ

商標の登録や商標周りの提案をしてくれる弁理士のサイト
商標 登録

特許出願(特許申請)、東京の特許事務所サイト
特許 出願

特許商標事務所のサービスサイト
特許 事務所
特許 申請
商標 登録
実用 新案
PR

興味がない


自分の人生の中で、興味のあることと興味がないことが必ずあると思います。友人や知人に、このお菓子美味しいから食べてみて、この局いいから聴いてみて、これお肌しっとりするから使ってみて、このシャンプー髪がまとまるからオススメなどなど・・・。勧誘(笑)は数多くあると思います。その時どのような行動を取るでしょうか。とりあえず食べてみたり使ってみたり聴いてみたりするでしょうか。それとも、自分は全く興味がないと拒絶するでしょうか。うちは少し前まで半分半分でした。ですが、今では思うのです。せっかく教えてもらったのだから、なるべく色々紹介していくれたものを受け入れようと。最初に興味がなくても好きになるかもしれませんしね^^。そのような柔軟性は年齢を重ねるごとになくなっていきます。自分も色々経験してきていますから、人の意見には耳をかなむけなくなってきます。でもそれでは人生無駄にしている気がします。興味がない事にも興味を持つこと。

興味がない②
人の人生は短いものです。その人生の中で出来ることは限られてきます。自分で体験できることにも限界があります。自分で経験、体験できないことを補ってくれるのが、周りがしている経験や体験を教えてもらうということだと思うのです。自分が経験や体験したことのない知らないこと、未知の世界を教えてくれる大切な存在だと思うのです。情報の共有を食わず嫌いしていてはもったいないです^^。今まで知らなかったことを知ることが出来たり経験できるのは光栄なことだと思うのです。仕事もしていますし、趣味にばかり時間を費やせるわけではありませんからね・・・残念ながら。それを補えるのが情報の共有というわけです^^。うちが良く利用するのは、yahoo!LAPANのトップページにある地域情報、知りたい地域の住所や郵便番号を入力するだけで、その地域の情報を得ることが出来ます。そのおかげでうちは最近美味しいお蕎麦の情報を仕入れました^^。

ヒプノセラピーの情報ページ、東京都
ヒプノ セラピー東京

耐水紙・コート紙・光沢紙等のカット・ロール紙の販売サイト
コート 紙
光沢 紙
トレーシング ペーパー
耐水 紙
エプソン ロール 紙
A1 ロール 紙

大阪の王将のメニュー情報ページ
大阪 王将メニュー
マクドナルド 値段
マクドナルドメニュー
朝マック メニュー
朝マック値段
ルノアール
コムサ カフェ

上位


同じキーワードを扱っているライバルサイトより、自分のサイトの方が上位に表示されていれば、売り上げは上がります。これは単純なことですね^^。しかもライバルのサイトより上位にいるからと言って、検索結果の2ページ目では意味がありません。検索ユーザーは1ページ目までしか目を通さないからです。1ページ目といっても、一番下まで目を通すユーザーは少ないです。下に行けばいくほど、検索ユーザーに目を通してもらう機会は失っているのです。最近の検索ユーザーは1ページ目の半分くらいまでしか目を通さなくてなってきていますので、いかに検索結果の5位以上に表示させるかで売り上げが大幅に変わってきます。しかし、。たとえ検索結果の5位以上に表示させることに成功したとしても、検索ユーザーが求めている情報を提供していなかったり、べらぼうに高い金額で商品を提供している場合、同じ商品を扱っているライバルサイトへと検索ユーザーは流れて行ってしまいますので気を付けてください。

エアコン(電化製品)の買取屋HP、松山市
エアコン 買取 松山
ギター買取松山