忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目的


検索エンジンの検索窓にキーワードを入力して検索しているユーザーは、はっきりとした目的がある人が多くいます。これまた自分に置き換えてみてください。自分が検索エンジンを利用して検索する際、目的があって検索窓にキーワードを入力して検索をしますよね?^^。それと同じことを他の検索ユーザーもしているということなのです。それならば検索ユーザーの目的を達成させることが出来れば、アフィリエイト報酬も増えていくのです。インターネット上、SEO上でもですが、強いサイトというのは一つのことに特化していることが共通しています。ブログの場合は色々なことをカテゴリ別に分けて運営していると思います。カテゴリ別に分類してブログを運営するのはいいことです^^。更にいいのは、一つの事、物に特化したアフィリエイトブログを作り、その特化した商品の種類別にカテゴリ分類ことです。アパレルを扱うなら、アウター、トップス、ボトムス、シューズ、バッグなどです。

検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」

催眠で前世を知るサービスサイト
催眠前世

愛媛県全域で買い取るリサイクルショップHP、松山市
リサイクル ショップ松山
不用 品 回収 松山
冷蔵庫買取松山

購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
PR

求める


消費者がどのような商品を欲しているかという情報があらかじめ分かっていればアフィリエイトリンクを作るのは簡単ですね^^(笑)。というかそれだったらアフィリエイトの存在自体いらないものになってしまうのかもしれません。消費者がどのような商品を求めているかを予想してアフィリエイトブログを作るのも、それはそれで楽しいのかもしれません。アフィリエイトをしている人は増え続けていますし、たくさんいます。その他の人達と同じやり方でやっていてはアフィリエイト報酬はいつまでも増えません。他のアフィリエイターとは違うことをしなくてはなりません。今の検索エンジンは、検索窓に一文字でも入力すると候補が出てきます。その候補は、検索エンジン経由で多く検索されているキーワードです。そのキーワードから、どんな検索がされているか見て、たくさん検索されているキーワードの商品のアフィリエイトリンクを貼ってもいいと思います。人が求めることに応えるとうまくいきます^^。

2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価

ヒプノ(催眠)セラピー店HP、池袋
ヒプノセラピー池袋

洗濯機の出張買取業者HP、松山市
出張 買取 松山
洗濯機 買取松山

逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト

通年


アフィリエイトブログを運営する時は、流行関係ない商品がコンテンツを作成します。テレビなどで、ダイエットにはこの食材が効く!!!というのは避けた方がいいということです。今までもバナナ、スキムミルク、寒天(ゼラチン)、納豆など、ダイエットに効果的な食品がテレビで紹介されるたび、店頭からその食品が消え、入荷未定になるということが何度もありました。店頭でもその食品は完売ですが、ネット上でも完売なのです。人間の心理というのものはおもしろいもので、ないとなるとどうしても手に入れたくなるようで^^;。色々なお店をハシゴしたり、どんなに高くても買うとか、いつもは取らないような行動を取ります。それを狙うというのもアリです。ですが、その場合はアフィリエイトブログをその商品ごとに作って運営しなくてはなりません。もし、複数のブログ運営が苦痛でなければそのやり方でもいいとお見ます^^。しかし副業でアフィリエイトをするのであればちょっと不可能だと思います・・・。

ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク

退行催眠で過去の情報を引き出すサービスサイト
退行催眠

安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る